サンガツ

BLOG

2017-09-24 横須賀美術館 福祉ワークショップ2017「サンガツワークショップ Catch and Throw vol.4」

横須賀美術館 福祉ワークショップ2017「サンガツワークショップ Catch and Throw vol.4」

横須賀美術館では、開かれた美術館を目指し、障害のある方や幅広い年代の方が参加できるワークショップやパフォーマンスを開催しています。 今回は、バンド活動以外でも、演劇・ダンス・映画など多方面で活躍している「Sangatsu(サンガツ)」を迎えて、「音」や「聴く」ことをテーマに開催します。自分の体や楽器を使いながら、障害がある人ない人、参加した人みんなで「音」を共有し楽しみましょう。

■日時
2017年9月24日(日)
1回目:11:00~12:30
2回目:15:00~16:30

■場所
横須賀美術館
ワークショップ室
※天候により、他の場所も使う可能性があります。


■講師
Sangatsu(サンガツ)
1997年東京で結成。1stアルバム「サンガツ」、サントラ「波」、3rd「静かな生活」、4th「5つのコンポジション」をリリース。自主企画「Catch and Throw」を2011年にスタート。誰でも使えるフォーマット作りを目指す。演劇・ダンス・映画等、他ジャンルとのコラボレーションも多数。最新作は、CCライセンスリリースでのチェルフィッチュ「地面と床」のサントラ。 結成20年毎日曜のリハは必ず。http://sangatsu.com/

■対象
視覚障害者を対象としたワークショップですが、小学3年生以上であれば、どなたでも参加できます。
※小学生及び視覚に障害のある方は、必ず同伴者と一緒にご応募ください。

■定員
各回とも18名程度

■参加費
無料

■参加方法
①事前申込制。
参加希望の方は、希望回、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の氏名・年齢、障害の有無を明記の上、ハガキかEメールで「サンガツ ワークショップ」係までお申し込みください(メールの場合は標題に明記)。
②※一通につき4名まで。

■託児申込
託児(1歳以上の未就学児)希望者は、「託児希望」の旨と子どもの人数・年齢・性別を申込時にあわせてお知らせください。
(応募多数の場合は抽選5名)

■お問い合わせ先
お問い合せページへ


—–
都心からは、少し離れますが、抜群のロケーション!本当によいところです!
tupera tupera 絵本の世界展と、谷内六郎館もあるので、是非是非、遊びにくてください。

現地レポート ~成都&德阳編~

そういえば今回重要なミッションとして、現地でのWS開催があります。
で、通訳の趙さんに「たまに泣いちゃう子もいるんだけど、中国は大丈夫かな?」と聞いたら、
「全然大丈夫。というか本当中国の子供言うこときかないから今度はサンガツが泣くことになるね」とのお答えをいただきました。

続いて成都&德阳編です。

 

——————————————————————————————————————–
成都-01 NU Space

音楽に限らずダンスなどの公演もできる200人規模のスペースと、ワークショップ/ミーティングイベント開催可能なカフェ多目的スペース。いろんなジャンルの人たちが行き来していて良い感じです。
http://bit.ly/2wencP2 

NU Spaceは隣に2階建て千人規模のスペースを作っているとのことで、工事中のそちらも見せてもらうことに。

広いです。

 

 

——————————————————————————————————————–
成都-02 小酒館

こちらも700人規模のライブスペース。海外アーティストの公演も多数。
入り口付近にオブジェクトを置かないレイアウトのとり方がうまくて、この手のスペースには珍しく開放感があります。 http://bit.ly/2xVOHPu 

小酒館は成都にもう一つ別の小スペースを持っていて、こちらは50人ぐらい規模&音量制限もあるとのこと。
で、こちらの運営会社も他の都市(もうどこか忘れた)に500人ぐらいのハコを作っているらしく、今回の滞在中この話何度目だよ?とクラクラしました。

 

 

 

——————————————————————————————————————–
德阳-01 德阳院子

成都から車で移動すること3時間、德阳の街へ。
精密重機の工業地帯として発展したこの都市で、廃工場をオープンスペースにする事業を手がけているグループがあり、今回は一緒にプロジェクトを始めるための下見訪問です。

こちらを建て替えて、多目的ヴェニュー/ライブラリ/地域の人が訪れるオープンスペース/カフェなどが併設された一大複合施設に。なんとアーティストたちがレジデンスできるホステルも建設中とのこと。いや夢のある話です。
↓写真は敷地内のホステル予定地。

この事業を進めている団体”COART”はもともと屋外フェスを主催していて、一つの村全体を舞台に5日間に渡ってライブ・ハプニング・ダンス・ワークショップ・ファイヤーダンス・結婚式などが繰り広げられたとのこと。

Viceチャイナの特集記事↓
http://bit.ly/2gQRGRF 

2014年の舞台は雲南省大理。大理は少数民族白俗の町でもあるので現地の人たちとの企画も数多く。
というとかなり地域アート臭が漂ってくるけど、このPVを見てもらえばもっとジョイフルで音楽フェス寄りのものだってということが伝わるかと。
bit.ly/2gTn8Ck 2gTn8Ck

COART代表の宋婕さんは90年代のNYで青春時代を過ごし、中国に帰国後MTVに勤めた後フェスの企画に携わるように。
この德阳のプロジェクトが何を目指しているのか、何に変化を起こしたいのか、深夜のビル内の一室で熱く語ってくれました。
bit.ly/2vMqpGr 

 

 

——————————————————————————————————————–
德阳-02 四川金顶股份有限公司

今回訪れた場所の中で一番大規模だったのがこちら。
精密重機を製造する工場群で、それぞれ赤坂ブリッツぐらいの大きさの工場が10個ぐらい。
独身寮や食堂なども含めた総面積で言ったら東京ドーム3個分ぐらいあるんじゃないだろうか。

もともと精密重機を製造する工場群で、その技術の高さからヨーロッパや北米などにも顧客を抱えていたとのこと。
建物によって50年代、60年代、70年代と設立時期が異なっていて、時代の遷移を感じることが出来ます。
工場マニアの方にはたまらないのでは。さすがに50年代の建物は滋味があります。

もちろん国営のこの施設。徐々に稼動を止めていて施設の再利用の道を探っているとのこと。
ファッションショーのランウェイに使う計画などもあるらしい。
工場長が直々に案内して下さり、ライブに使うなら貸すよと仰ってくれたのですが、うーむ大きすぎるかもしれない。

写真は、倉庫の一つを格安で借りている2人組が始めたカフェ。
この前日本人が来てライブをしたらしい。

 

 

——————————————————————————————————————–
德阳-03 酒店(名前不明)

德阳からさらに車で1時間ほど山を登った場所にある宿泊施設。
谷の上にせり出したように建てられていて、屋外舞台で時折イベントなどを開催。
舞台から身を乗り出すとすぐそこには谷が。2、30m下に川が見える。
こんな恐ろしいところでライブやりたくない。

 

 

  • Author:Koizumi
  • Time:

現地レポート ~北京編 / 二日目~

北京に面白いスペースが多いのは権利関係含めた全面改築の難しさ、要はまっさらな新しい建物を作ることが難しいからだと思うけれど、この建物のあり方がイベントでの誤配の可能性を生んでいる。

音楽に特化したスペースはパフォーマンスの精度を担保できるけれど、知らず知らず演じる/見るの安全な二分法に順応しがち。場の持つ潜勢力/埋め込まれた制度設計はそこに誰の悪気もないぶんタチが悪いし、常に意識しておかないと、いつのまにか作家も生活を補強する業者になってしまう。

そういった意味でも北京のいくつかのスペースは幸運な可能性に満ちていると感じます。
というわけで、2日目のレポートです。

 

——————————————————————————————————————–
北京-05 三影堂摄影艺术中心 (Three shadows photography art centre)

ここはすごい。写真にフォーカスした美術館で、緑生い茂る中庭と、それこそ東京都写真美術館並みの展示スペースを持つ建物はアイウェイウェイ設計
http://en.threeshadows.cn/ 

これがミンミンさんとインリさんの写真家夫妻による私設美術館というのがちょっと信じられない。
ちょうど近年の中国写真作家特集がかかっていて、展示も硬派で見ごたえがありました。
中庭には簡易舞台もあります。
北京郊外の芸術村、草葉地芸術区にあります。

 

 

 

——————————————————————————————————————–
北京-06 進行時空間(ING Space)

こちらも草葉地にあるホワイトキューブを持つギャラリー。
オーナーの女性がパフォーマンス好きらしく、ダンスやノイズのパフォーマンスなどもしばしば。
http://beijing.lps-china.com/partners/ing-space/

 

 

 

——————————————————————————————————————–
ここからは市内へ戻り自転車でまわります。
上海でも北京でもシェアサイクルが大流りしていて、われわれも自転車で夕暮れの北京の街を爆走しました。
何気ない一日だったけど、この日のことは一生忘れないだろうな。

 

写真はわれわれの北京のプロデューサーであり、全ての始まりを作ってくれたダンダンさん。
元蓬蒿劇場のクリエイティブディレクターで、今は自分のアートカンパニーを持っています。
清潔な大志を持った女性です。

こちらは今回さんざんお世話になった、翻訳/コーディネイターの趙さん。日本語と英語もペラペラ。
日本のマニアックなダンス評論とかも読破していて驚いた。
ちょっと下見にいきますわぐらいで訪れたのに、各都市で完璧にアレンジ&三都市も随行してくれて本当頭上がりません。

 

 

——————————————————————————————————————–
北京-07 磁劇場(Magnet Studio)

8月にオープンしたばかりの劇場で目の前にはザハ設計の望京SOHOが。
まだウェブサイトもないぐらいの出来立てホヤホヤ。
収納可能な移動式座席を持ちかなり自由なレイアウトが可能。
http://bit.ly/2wNeGed 

4面それぞれの座席に対して個別にスピーカーを向けられるサラウンドシステムも備えています。
この恵まれた施設が一つの劇団専属のもので不動産屋がスポンサードしているらしい、ってそんないい話久しぶりに聞いたわ。
芸術監督の女性は寺山好き。来年2月に来日&日本公演予定のこと。

 

 

 

——————————————————————————————————————–
北京-08 Modern Sky Lab


700人キャパの大スペースとラウンジ小スペースを持つ、日本で言うとクワトロみたいな感じの音楽スペース。
こちらの運営会社もどこかの都市(どこか忘れた)に新しく700人規模のスペースをオープンさせるとのことで、本当勢いあるな中国の音楽シーン。
modernsky.com/ 

 

 

 

——————————————————————————————————————–
北京-09 楽空間

今回の下見した中で一番音が良かったのが、この楽空間。
実験的な音楽イベントなど数多く開催していて、この日もモジュラーシンセのイベントが。レコードショップも併設。
スペースの開かれ方もコンクリート打ちっぱなしというところもスーデラを彷彿とさせます。(広さは約1.5倍)

 

楽スペースは元美術系の印刷所をリノベしたスペース。
エクスペリメンタルなイベントを北京でやるならここがベストチョイスとのことなので、興味ある方はアタックしてみては。

  • Author:Koizumi
  • Time:

現地レポート ~北京編 / 一日目~

北京編です。

 

——————————————————————————————————————–
北京-01 蓬蒿劇場

中国の伝統的家屋、四合院住宅を改築して作られた北京初の民間経営小劇場。オーナーの王さんは歯医者さん。
1階のカフェでやたら美味いご飯を食べた後、吹き抜けの2・3階テラスで和み、また1階に下りて演劇を見るなんてこともできます。
新しくライブラリとリハルームが出来てました。

今回4年ぶりに再訪して、やはりここは特別な空間だと改めて。
私設ということもそうだけど、集まっている人たちの気がこの場所を特別なものにしていると感じます。
われわれの初めての海外ライブはこの劇場で行いました。北京にお越しの際はぜひ。
https://t.co/iSHCR9r2te

 

 

——————————————————————————————————————–
北京-02 I Provoke

こちらもとても面白い空間。伝統家屋を建築家がリノベしてオープンスペースに。
展示スペースと会議ルーム、特筆すべきなのはこの苔むした中庭。
たまにこの中庭でもパフォーマンスを。四面サラウンドで見れます。
https://www.iprovoke.org/ 

 

 

 

——————————————————————————————————————–
北京-03 fRUITYSPACE

こちらは小さめのハコ。半地下の70人キャパぐらいのスペースにレコードショップも併設。
音楽好きが集まる秘密のバーといった趣き。
https://t.co/M4xFKJeGYM

 

 

 

——————————————————————————————————————–
■北京-04 黄昏黎明俱乐部 (DDC Dusk Dawn Club)

今、北京で最も勢いのあるスペースの一つ。
北京のハコは本当に趣のあるところが多くて、こちらも2Fの屋外テラスで月を見ながら和んだりできます。

DDCは日本含む海外からのアーティストが数多く出演。
で、聞いたところ、海外アーティストの招聘は国の許可が必要で、それも年と月によって審査の厳しさが変わるらしい。
「今年はなんか厳しめだね、あと全人代の付近で計画するのはやめといた方が良いよ」とのこと。いろいろリアルです。
http://bit.ly/2gSxNNP

 

 

 

  • Author:Koizumi
  • Time:

現地レポート ~上海編~

先週1週間、中国へ下見に行ってきました。
その現地レポートをお届けします。

 

–上海編–

——————————————————————————————————————–
■上海-01 明当代美術館[McaM]

製紙工場をリノベした美術館。1Fと2Fぶち抜きの広大なパフォーマンススペースと、10室以上の小部屋からなる展示スペースを持つ。小部屋言うてもそれぞれスーデラの半分ぐらいの広さ。 
http://mcam.io/

キュレーターのユアン曰く、パフォーマンスに特化したプログラムを組んでいるとのことで、訪れた前日にはPaper Tigerという北京のグループが公演を。政府との関係で彼らは北京では満足に公演できないらしく、中国各地から観衆が集合していました。

 

工事中のエントランスはカフェになる予定。このスペースでワークショップをやれないかただ今相談中。
2Fには木が生い茂り、植物園のような良い感じの空間です。

 

 

——————————————————————————————————————–
■上海-02 万代南梦宫上海(旧 QSW live House)

リキッドルームほどのキャパの大ホールと、500人規模の小ホールの2つ。バンダイナムコホールという名前だけれど、ネーミングライツの関係でこうなっていて、運営自体は日系ではないらしい。写真は小ホールで、ちょうどレッドブルのダンスイベントが。 
 http://www.shanghainavi.com/play/167/ 

 

 ここの運営会社は上海以外でもハコを持っていて、また2都市で新しく700人規模のホールを作るとのこと。 この後、北京や成都のハコでも同じような多都市展開を聞いたし、700人から1000人規模の新しい箱が中国各地にボコボコできてる。

「こんなにデカくてお客さん来るの?」と聞いたら、「いや全然来るよ、シーンがあるし」とのこと。 国が若いってこういうことか、と思いました。

こちらの小ホールでライブができないか相談中。

 

 

——————————————————————————————————————–
■上海-03 Basement 6

今回訪れた中でも屈指のヤバさだったのが、このBesement6。 集合住宅の何気ないドアを開け地下のそのまた地下へ。
元KTVのB2Fを占拠した空間には、レコードショップやバー、ライブスペースや縄師のための縛りスペース(!)も。

 

↑写真は縛りスペースになります。緊縛アーティストが借りていて、緊縛ワークショップなど行っているそう。他、プリンティングスペースやもちろんライブスペースもあります。


バーで飲みながら「いやー最高だねここ。で政府との関係は大丈夫?」と聞いたら、「摘発されたら一発だけど、いい感じに無視されてる」とのこと。「まあ日本だったら政府じゃなくて良識ある人に通報されてすぐクローズだわ」って言ったら、みな声を揃えて「は?ファ~ック!?」と。まあそうだよね。

 

 

Basement6、なにかすごく勇気づけられるスペースです。 http://www.basement6collective.com/ 

 

 

 

——————————————————————————————————————–
■上海-04 育音堂(Yuyintang)
また電車に乗って次のスペース育音堂へ。 まあここは普通のライブハウスかな。
訪れた日はちょうどオープンマイクの日で、飛び入り参加したビックマウスな上海若者が、延々彼女へのグチをラップし続ける1時間を堪能。
https://www.facebook.com/YuyintangLivehouse/

 

 

  • Author:Koizumi
  • Time:

8/1(火)ツアーワークショップパフォーマンス参加者募集のお知らせ

古川麦さんのお誘いで、こちらのイベントに出演いたします。
ワークショップ参加者の方を募集しています。

「さよなら汐入タワー いままでありが塔」

8/1(火)@汐入タワー ご参加お待ちしております。

 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/events/21056/

6/18のワークショップ 満員御礼になりました

おかげさまで満員御礼になりました。

見学のみの方も500円で受け付けているそうなので、お時間合いましたら。

とても面白そうなスペースです。

http://mokuchinnet.seesaa.net/article/450170241.html

  • Tags:
  • Author:Koizumi
  • Time:

6/18 音楽ワークショップ『サンガツ at くすのき荘』

音楽ワークショップ『サンガツ at くすのき荘』
IMG_0346.JPG
音楽の作り方を改めて見直し、音を媒介にして人と人を結びつけていくかのようなパフォーマンスを行う「サンガツ」。そんな彼らが「くすのき荘」という日常の生活空間にとても近いスペースでワークショップを行います。正しいとされている音楽の作り方を一旦忘れて、遊びながら、音と音・音と人・人と人の新しい関係が生まれる瞬間を一緒に体験してみませんか?

場所日時 
2017年6月18日[日曜日] 
「くすのき荘」| 東京都豊島区上池袋4-20-1
http://yamadasoukamiike.wixsite.com/mokuchinnet
12:45受付開始 / 13:00開始 

プログラム内容 
1部 13時~14時半 いろんな音を出してみる 
休憩 14時半~14時45分 
2部 14時45分~17時ぐらい(休憩あり)ルールから音を出してみる 

申し込み 
下記連絡先に、お名前、参加人数、電話番号をお送りください。
hrsh.kato@gmail.com(加藤)
※キャンセルは3日前の6/15までと致します。 

メモ 
・参加費:1500円 
※中学生以下の方は一律1000円 
・対象年齢 : 小さいお子様から成人の方までどなたでもご参加可能です。
・小学生以下のお子様がご参加なさる場合、保護者の方のご同伴をお願いいたします。
・スペースの都合上、15名様で定員とさせていただきます。ご了承ください。 
・性別・国籍・楽器経験問いません。 
・動きやすい服装でのご参加をお願いいたします。
・受付は「くすのき荘」ラウンジスペースにて行います。
・楽器はこちらで色々なものを用意します。また、なにか面白そうな楽器・音の出るものありましたら持ち込みも歓迎しています!

Sangatsu’s next performance (English information)

“Catch & Throw” 2017″

Feb19(Sun),2017@The Cave (Kannai)
15:00/19:30 Start  ¥2,000(adv,door)
https://www.tpam.or.jp/2017/en/?program=sangatsu
———————————————————–

Make a way to make music.

Without tracing pre-existing music, or dreaming up a non-existing community.

Games which occur in spaces, which give you the slip the moment you try to catch them. Can we begin from there once again?

  • Author:Koizumi
  • Time:

来週のライブは純粋なライブ形式の公演です。

【重要】 来週2/19(日)の公演ですが純粋なライブです。

 

ワークショップではありません。また昼/夜で同じ内容の演目になります。
見に来ていらした方に何かして頂くことはありませんのでご安心ください。

 

 

  • Author:Koizumi
  • Time: