サンガツ

ワークショップの様子

3月28日にワークショップを開催するにあたって、以前に行ったワークショップの様子をまとめました。
今回開催のワークショップの参考になれば。

『EDGE TOKYO LABORATORY 03』

2014年4月20日(日)カタリストBA

二子玉川で行われたライブ&トークのイベントで、ワークッショップもさせて頂きました。
この日は、2つの「指名する」「受け渡す」というルールを使って、皆で音を出してみました。

















撮影:中安秀夫


ワークショップ「音楽劇のつくり方」

2014年12月7日(日)山口情報芸術センター スタジオA
講師:岡田利規(劇作家/演出家/チェルフィッチュ主宰)、サンガツ、YCAM教育普及スタッフ

12/6のチャルフィッチュ「地面と床」公演後にサンガツのライブをやらせていただき、次の日に「音楽劇のつくり方」のワークショップを行いました。
最初に、ゲーム性の高いルールをつかって音を出し、その後、たくさんの楽器・ものから、様々な種類の音を出してみました。
その後は、岡田さんによるパフォーマンスのワークショップを行い、音楽劇の制作へと進みました。
皆でパフォーマンスすることと、音も出すことの2つを交互に行うことで、イメージの共有が強くでき、とてもスリリングな時間を持つことができました。


撮影:岡村滝尾











写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]


最後は、お世話になったスタッフの方々も音を出してみました。(撮影:とがしひろき)

———-
次回開催の詳細です。

■日時:2015/03/28(土) 11:00~16:00
受付は、10:40より

■場所:砂町文化センター 第2研修室

〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7
TEL03-3640-1751
地図

■お申し込み:【 コチラ 】
お名前と参加人数(見学人数)を記入の上、ご連絡ください。

■費用:経費として参加の方は一人500円をお願いします。
※見学だけの方も大歓迎です。見学の場合も、同額の500円をお願い致します。

■当日の準備:動きやすい格好で来て下さい。楽器はこちらで色々なものを用意します。
また、なにか面白そうな楽器・音の出るものありましたら持ち込みも歓迎しています!

Pings