サンガツ

ワークショップ2回目の様子

サンガツの「音楽ワークショップ Catch & Throw」Vol.02 @SHIBAURA HOUSEが、5/30(土曜日)に開催されました。
一回目(砂町文化センター)と開催場所を変え、田町のSHIBAURAHOUSEにて行われました。
全面ガラス張りの5Fからの眺めはとても開放的です。



小学生も3名参加していたためか、開始前から、色々な楽器を触れる方が多く、準備運動もよい感じにできたようです。



まずは、色々な音を出してみます。色々触って、どんな音が出るか、試してみます。


ものすごくおおきな音を出した後、とってもちいさい音を出します。


横一列に並び、隣の人より、ちいさな音を出していきます。楽器の特性上、かなり難しいです。


参加者全員に、図形を書いてもらい、その図形をイメージし、一人ずつ音を出します。全員で合奏してもとても面白かったです。


ことばからイメージした音を、グループで出してみます。グループの相談中は、耳を塞いで待機中。


手拍子で指示を出します。時計回りに、叩いたリズムで、回数分その人数分回っていきます。


円を回り、人とすれ違うタイミングで、音を出します。オルゴールのように。


↘︎の私たちのWSでよく行うゲーム性の高いパターンの『Pointing Bells Pattern 』
このパターンの応用編を参加者の方が考えてくれました。


こちらも参加者が考えてくれたルールです。かなりゲーム性が高いものです。


次回は、7/25に同じSHIBAURAHOUSEで行います。

Pings