サンガツ

Catch and Throw

2015-03-28 サンガツ ワークショップ Vol.01 @ 砂町文化センター

サンガツ ワークショップ Vol.01

二子玉 WS YCAM WS

かんたんなルールをつかって音楽をつくります。
中心のない、ノンミュージシャンによるオーケストラを作ることを目標に。

年齢/性別不問、楽器演奏経験のない方、大歓迎です。
※見学のみの方も大歓迎です!

■より詳しい説明
ここ数年、ルールをもとに音で遊んでいるうちにそれが音楽になるような、そんな試みを続けています。

たとえばこんな感じ

この動画のルールは、、、
http://sangatsu-esquisse.tumblr.com/image/60175820403

ワークショップでも、簡単なルールを使って音を出してみます。
ノってきたら、その場でルールを作ってみます。
さらに調子がよければワークショップを重ね、年末にライブをやります。

まずは何もないところから始めてみます。
ここから何が起きるでしょうか?

■日時:2015/03/28(土) 11:00~16:00
受付は、10:40より

■場所:砂町文化センター 第2研修室

〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7
TEL03-3640-1751
地図

沢山のお申し込みありがとうございます。一旦、締切とさせていただきます。見学のみの参加は引き続き募集中です。
■お申し込み :【 コチラ 】
お名前と参加人数(見学人数)を記入の上、ご連絡ください。

■費用:経費として参加の方は一人500円をお願いします。
※見学だけの方も大歓迎です。見学の場合も、同額の500円をお願い致します。

■当日の準備:動きやすい格好で来て下さい。楽器はこちらで色々なものを用意します。
また、なにか面白そうな楽器・音の出るものありましたら持ち込みも歓迎しています!



—–
以前からお伝えしていましたが、サンガツのワークショップを開催致します。
去年の4月に二子玉川12月にもYCAMでチェルフィッチュとともにワークショップやらせていただきました。
今回は、サンガツが、継続して行っているCatch&Throwをもとに、ゲームのように音を出してみて、それから簡単なルールをつくり、曲を作ってみる。そして最後は、みんなでオーケストラ!と考えています。
楽器の経験のない人大歓迎!気軽に遊びにきて下さい。

※以前行ったワークショップの様子をまとめました。

2014-12-07 ワークショップ「音楽劇のつくり方 」@ YCAM 山口情報芸術センター

ワークショップ「音楽劇のつくり方 」(チェルフィッチュ「地面と床」関連イベント)

講師:岡田利規(劇作家/演出家/チェルフィッチュ主宰)、サンガツ、YCAM教育普及スタッフ
日付/時間 : 2014-12-07(日)10:30-16:00
場所 : スタジオA /
料金 : 500円
申込受付開始日:10月11日(土)(11月16日[日]締切)

定員:10名 ※要申込
対象:小学校4年生以上
※演劇経験や楽器演奏の経験がなくても参加可能です。

関連ワークショップ開催日時の訂正とお詫び
現在配布中のチェルフィッチュ「地面と床」のフライヤーにて、関連ワークショップの開催日時が
2014年12月7日(日)13:00-16:00終了予定
となっておりますが、正しくは
2014年12月7日(日)10:30-16:00終了予定(途中休憩あり)
となります。お詫びして訂正致します。

劇と音楽を対等なものとしたとき、どのようなやりとりや発見ができるのでしょうか。
このワークショップでは、どのように劇と音楽をつくっていったのか、音楽劇「地面と床」作・演出の岡田利規と、音楽を担当したサンガツのメンバーと一緒に、その場で制作するパフォーマンスと、楽器や音が出るものでおこなう演奏を体験します。
さらにパフォーマンスと演奏を掛け合わせながら、「地面と床」の制作プロセスを追体験することができます。

申込方法
電子メールまたはFAXにて、下記項目をご記入のうえ、お申し込みください。(郵便不可)
・参加希望のイベント名と参加希望日
・住所
・イベント名
・氏名(ふりがな)、性別、生年月日
・「地面と床」の観覧の有無
・このワークショップでやってみたいこと(あれば)
・住所
・電話番号
・メールアドレスなど連絡先

申込先
メールアドレス : reserve@ycam.jp
FAX:083-901-2216

※お申し込み多数の場合は抽選となります。
※抽選結果は11月下旬頃、FAX、e-mailにてお知らせします。

———-
「地面と床」の関連イベントで、ワークッショップを開催致します。
チェルフィッチュ岡田さんによる演劇のWS、サンガツによる音楽に関するWSを行い、最終目標はみんなで音楽劇を完成させるというものです。
演劇経験や楽器の演奏経験などは問いません。
気軽に参加して、一緒に楽しみましょう!

EDGE TOKYO LABORATORY 03 ありがとうございました。

4/20 EDGE TOKYO LABORATORY 03のライブ、ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

今回は、いつもはシェアオフィスとして使われているとても景色のよい円形の特殊な空間でのライブ・トーク・ワークショップと、
目新しい要素が沢山あり、色々と挑戦でき、実りのあるものでした。

下記から、ライブとトークの映像がご覧になれます。
■ライブ
http://www.ustream.tv/recorded/46445138
※ライブは少し音が歪んでいます。

■トーク
http://www.ustream.tv/recorded/46446388

初めてキチンとした(というかやっと少し形にすることができた)ワークショップもやらせていただきました。
全部で3つのCatch & Throwのネタを行いました。

◇1つ目は、この日のライブでも行った、ゲーム性の高いものです。
上記のライブ映像の35分30秒ぐらいからのものです。

『指名する』
トーンチャイムを1人2本持つ
最初の人が鳴らしながら、次の人をトーンチャイムで指す
指名する時は、2本持っているどちらでもよい
指名するタイミングで、2本同時に鳴らすと他の人は連続で鳴らす(その後、指名が可能­)
同様に、上から2本同時に振りかぶり、腿でミュートすると他の人も同じようにミュート­する

4人で1チームになり、4チームほど、実践しました。
驚くほど、皆さんの呑み込みが早く、達者なのでとても驚き、感動ものでした。

上の動画は、WSの最後に、みんなでやったものです。
1分程の短い動画の割に、みんなで音を出しているので、クラクラと気持ち悪くなるぐらい音像ですが、集中しているのか皆とても楽しそうです。

残り2つも記します。

◇2つ目『受け渡す』
四人で一人一本のトーンチャイム
一人だけ二本持っている
二本持っている人が鳴らす
鳴らし終わったら、他の人に渡す
一人だけ二本になった場合、ストックのものと交換可能

◇3つ目『休符が増える』

長くなってしまいました。
今回、とても色々なことに挑戦できました。このイベントの企画の安永哲郎事務所の安永さん、co-labの中安さんとスタッフの皆さんに感謝致します。今後も色々と続けていこうと思います。ありがとうございました。

—-

※最後に、ワークショップ部分の動画を少しでも撮っていた方がいましたら、ご連絡ください。お願いします。

2014-04-20 EDGE TOKYO LABORATORY 03

EDGE TOKYO LABORATORY 03
EDGE TOKYO LABORATORY 03

■日 時:2014年4月20日(日)14:30開場/15:00開演(19:00終了)
■会 場:カタリストBA(世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズオフィス8F)
■料 金:前売り1,800/当日2,000円(1ドリンク&フリーフード付)
■出 演:サンガツ
※パフォーマンス、アーティスト・トーク、参加型ワークショップの三部構成
■定 員:100名(ご予約優先)
■主 催:Catalyst BA
■企画制作:安永哲郎事務室 [http://www.jimushitsu.com]/co-lab[http://co-lab.jp/

[予約方法]
Peatixのサイトよりお申込みください
http://peatix.com/event/31832

[問い合わせ]
下記メールアドレスまでご連絡ください。
futako_entry@co-lab.jp 担当:中安(なかやす)

[会場へのアクセス]
東急田園都市線/東急大井町線二子玉川駅より徒歩1分
ライズオフィス8Fまでエレベーターまたはエスカレーターでお上がりください。
地図はこちら→ http://catalyst-ba.com/access.html

2013-11-30 Catch & Throw Vol.2

サンガツ LIVE
Catch & Throw Vol.2

日時:2013-11-30 (Sat)
開場:15:00
開始:15:30
場所:横浜市某所
※ご予約された皆様に、ライブ会場の詳細をご連絡致します。

当日お越しの方は、【14時30分】 みなとみらい線 元町中華街駅 山下公園中華街側 マリンタワー口【4番出口】改札を出たところに集合!!!

[ 70人限定LIVE ]
料金:1,800円
※あたたかいお茶付き

ご予約は【 コチラ 】から!
お名前と枚数をご記入の上、メールをお願いします。

サンガツ

—–

久々にサンガツの自主企画『Catch & Throw Vol.2』を行います。
ここ数年、演劇、映画などの音楽に携わることも多かったサンガツですが、以前から続けている『Catch & Throw』の流れを汲んだ新曲を加えての公演になります。
場所が、予約された方のみにアナウンスされる、人数限定の公演になります。
場所の制約は大きいのですが、 初めて会場に足を踏み入れた時のドキドキワクワク感はハンパなかったです。
是非、お時間のご都合つく方は遊びにいらして下さい。
お待ちしています。

Catch & Throw 10 – Figured drum modules #01

Coded by I.Shukuya
Performed by I.Shukuya(Front) & H.Togashi(Back)



 Sangatsu Esquisse Tumbler

このシリーズ続きます 第二弾、第三弾で全体像が見えてきます

 

Catch & Throw 09 – Counting Rests Pattern

Coded by S.Kojima
Performed by I.Shukuya, Y.Tanaka, H.Togashi (Left to Right)



 Sangatsu Esquisse Tumbler

休符の方にルールを 途中で音をサーブする人

 

 

 

Catch & Throw 08 – Relay Pattern A

Coded by I.Shukuya
Performed by I.Shukuya, H.Togashi

 

 Sangatsu Esquisse Tumbler

音のリレー 相手の影響を微妙に受けながら

 

 

Catch & Throw 07 – Delivery Pattern B

Coded by H.Chiba
Performed by S.Kojima, H.Togashi, H.Chiba, I.Shukuya (L to R)

 

 Sangatsu Esquisse Tumbler

ゲームのように 和音をつないでいく

 

 

 

Catch & Throw 06 – Delivery Pattern A

Coded by A.Koizumi
Performed by S.Kojima, H.Togashi, A.Koizumi (L to R)

 

 Sangatsu Esquisse Tumbler

音をうけわたしていく